​BA410T

​BA410T

​製造工場向けラベルプリンター

BA410T

製造現場向けラベルプリンター

​・フロントオペレーションで両サイドのスペースを有効活用

​・印字命令から発行まで高速スループット

​・バーコードチェッカー、巻取り機、動作表示灯などの多彩なオプション

主な特長

従来機の良いところをそのまま踏襲し、さらに高いパフォーマンスを持ったラベルプリンタ

製造・物流現場でラベルプリンタに求めるものは、高耐久性を持つボディや高いプリントスピード。
さらに専用印刷アプリの開発環境・スムーズな運用のための各種ツール、サプライの供給・保守体制などの総合力です。
バーコードプリンタを通して製造・物流業のノウハウを持つ東芝テックが投入するBA400シリーズ「BA410T」。
使う人の目線に立った機能と総合力で、スムーズな現場作業に貢献いたします。

 

ノンストップオペレーションをアシストする

扱いやすさ1

ラベル発行の高速化が実現

現場のオペレーションを停滞させない、発行待ちを少なくしたい、という声に応えるクラス最速レベルの高スループットを実現しました。

 

※印字速度は縦152.4mmのラベルを3枚印刷した場合の時間です。

扱いやすさ2

交換時間を最小限にする工夫

前面開きでラベル・リボンの交換が可能。また、サイドカバーの窓で用紙残量がわかるので、あらかじめ交換用紙を用意できます。

 

扱いやすさ3

混線しないための装備

802.11a/nの5GHz帯域に対応し、無線干渉が低減。通信の安定性が大幅に向上しました。

扱いやすさ4

ダウンタイムの削減へ

走行距離により、現場にアラートでお知らせするパーツライフアラート機能を装備。
業務の繁忙期の部品交換を回避でき、ダウンタイムの短縮が可能です。

 

扱いやすさ5

プリンタ両サイドのスペースを有効に活用可能

設置場所を選ばない省スペースな設計で現場を選びません。また、全ての操作が前面だけで行えるので、側面にも機器などを設置することが可能です。

スムーズなオペレーションを実現するための
システム環境

スムーズな印刷を実現するためのツール

各種プリンタドライバのご提供

Windows OS用、LinuxOS用のプリンタドライバなど、各種のご提供が可能です。

ラベル発行アプリを開発するツールSDK※のご提供

ラベルフォーマットやライブラリ、サンプルコードなど専用の印刷コマンドを覚える必要もなくアプリを開発し、工数を削減。また、Windows、iOS、Androidでのラベル発行をサポートします。

※Software Development Kitの略

 

 

さまざまな業務との連携が可能

SAP社スマートフォームやウイングアーク1st社のSVF、Cybra社のMarkMagicなど。さまざまな業務システムとの連携を実現します。

 

導入の手間を軽減するためのツール

RFIDタグの機能の設定時間を短縮

オートキャリブレーション機能により、RFIDタグの最適なパラメータを自動検出し、設定することが可能です。

 

スマートデバイスなどからの各種設定にも対応

iOS、Androidなどからの設定が可能となるツールを用意していますので、幅広い現場での対応が可能です。(Bluetooth、無線LANに対応しています)

 

オペレーションを監視するツール

多くのプリンタを一括管理するSNMPネットワークツール

ネットワーク上の稼働状況を監視し、不測の事態に備えます。また、設定などを一括で行えるので、メンテナンス性にも優れた監視ツールです。

 

稼働の停止を事前に回避するBCSヘルスモニタ

プリンタのエラー通知や、印刷回数・走行距離などの情報をクラウドで管理。的確な保守部品やサプライの交換をご案内する予防保守システムです。

 

RFIDワンストップサービスの提供
RFIDオプション

ラベルの表面に印字すると同時にデータをICチップに書き込みを行います。またICチップへの書き込みが失敗したラベルに対しては、表面にエラー印字(横線)を行い、エンコード不良ラベルをお知らせします。

 

東芝テックの強みは、読み取りや書き込みをするハードウェア、読み込みしたデータを管理するソフトウェア、RFタグの「三位一体」ソリューションをご提案できること。導入から保守までワンストップサービスをご提供します。